「花林茶庵」の「にっちな研究室」

かりん茶庵の「にっちな研究室」を気まぐれに発信しま~す

武当派太極拳の郷

今回は武当派太極拳と風景をご紹介します。

初めて学んだのは陳式の太極拳。足さばきのこざかしさが、どうも私と相性があわず、
まだ太極拳を始めて間もないというのに、youtubeで見たある太極拳に心惹きつけられ
毎日、武当山関連の動画を見ては、武術学校のサイトを見て、ここに修行に行く!
と心密かに中国語の勉強を始めたのでした。
私が心ときめいたのは太極拳の発祥の地とされている湖北省武当山。
ここは文革の難を逃れた寺院が今でも残っている数少ない歴史を物語る地域なのです。
ここ福岡…いや、日本ではまだ武当派太極拳を教えているところがなくて、学ぶには渡航するしか方法はなく
親戚の中国人に渡航する相談をするも、彼女は道教があまり好きではないようで、渡航を反対されました。
あきらめずに日本でつてがないか粘り強く探していたら(今振り返ってもあの時は憑りつかれたような執念でしたね)
東京にいるフランス人が武当入りしていて修行していたのです。
そこの紹介を経て、今に至るのですが…。話すと長いのでそこのお話はまた今度。

武当山の武術は特に剣術が秀でていて、ある太極拳の先生が剣術は元をたどると武当山の剣術に帰るとおっしゃておりました。
私も魅了されたのは剣の套路だったので、ちょっと納得してしまいました。
武当山の先生や武術学校の生徒たちは、今でも髪を伸ばし頭のてっぺんで結っています。
結い方があって、武術の激しい運動をしても崩れないんですよ~。

あと、服。日本の作務衣と似たような形です。清朝の北方騎馬民族ではない、本来の中華衣装の様式が残っていることに感動しました。歴史的文化の流通をこの現代に垣間見れて、武当山の山奥でひとり感動したものです。
お寺にお勤めの方はみな、昔からの衣装をまとい、中世にタイムスリップしたようでした。

ここはまた、薬草でも有名な地方で、中医学も盛んです。お寺の片隅に色々な薬草がよく天日干しされています。
そしてここの漢方は西洋医学の薬か?!って思うほど強いらしいです。
そんな歴史のある武当山ですから、この地域全体が世界遺産に登録されていて、観光地化しています。
便利に行けるのはなによりですが、修行の最中は中国人観光客がうっとうしいです。

それから、ここは数々の映画のロケ地としても使われています。
有名なのはジャッキーチェンとウィルスミスのご子息のカンフー映画「ベストキッド」
あと、グリーンディトニー?だっけか。他も沢山あるのですが、主に中国国内映画なので、
知ってる方は少ないかも。上海行の飛行機で私が滞在している時にロケしていた映画が公開されていたのは感激でしたが。
そんないつも熱く語る武当山の景色を紹介する事がなかったので、少し写真を載せてみたいと思います。
QQ图片20160603233606  QQ图片20160603233558  QQ图片20160603233554  QQ图片20160603233545
QQ图片20160603233532  QQ图片20160603233500  QQ图片20160603233617  QQ图片20160603233622
QQ图片20160603233633  QQ图片20160603233647  QQ图片20160603233651  QQ图片20160603233656
QQ图片20160603233742  QQ图片20160603233736  QQ图片20160603233722  QQ图片20160603233718
QQ图片20160603233714  QQ图片20160603233710  QQ图片20160603233706  QQ图片20160603233732
QQ图片20160603233726  QQ图片20160603233628  QQ图片20160603233642  QQ图片20160603233637
  1. 2016/06/04(土) 00:40:07|
  2. 太極拳サークル