「花林茶庵」の「にっちな研究室」

かりん茶庵の「にっちな研究室」を気まぐれに発信しま~す

7月の薬膳調理実習

今日は薬膳教室開講のため貸し切りでした。
先月は梅雨薬膳でしたが、7月は暑気薬膳。
体を冷ます働きのある夏果物や、夏野菜をふんだんに食して冬のための体づくりをしましょう。
ってのは冷房のない時代のことらしいです。近代は冷房の効いている室内が多いため、体を冷ます夏果物や夏野菜はかえって冷ましすぎになることがあるらしい。冷房にあたった体は暖かい飲み物などで、内から暖を取ることも必要なんだとか。
でも、たっぷりの汗をかいて老廃物を外に出すことが冬を健康に乗り切るために大事なんですって。
冷房の効いた部屋でのんびりってものいいですが、少し体を動かして汗をかいて夏野菜を食して体を整えて下さいませ。

今日はこんな献立を作りました。
●冷やし中華・・中華麺、きくらげの炒り煮、揚げインゲン豆の味噌和え、蒸し鶏もも、ゆで卵、トマト

●夏野菜の生脈散ピクルス・・きゅうり、人参、ピーマン、ニガウリ、生脈散

●白きくらげと夏果物のぜんざい・・白きくらげ、小豆、ブルーベリー、桑の実、いちじく

●西洋参と山査子、竜眼肉のお茶、

QQ图片20160725000217

今回は白きくらげを使った夏果物のぜんざいに驚きました。
きくらげがデザート…。意外と美味しかったのです。程よい甘さの小豆煮を甘く煮たきくらげにたっぷりかけて夏果物を飾って美味しそうに出来上がりました!美味しかったです。はい。近々食後のデザートで作ってみようと思います。
  1. 2016/07/25(月) 00:37:58|
  2. 宇津原薬膳教室福津教室